ビジョン vision








はじめに 策定の背景
いつの時代でも製品・商品の安全と性能は最上級なものを目指していかなければなりません。良い物が出来ていても、それが良いものであると証明する術は兼ね備えていないのが現状ではないでしょうか。
新しい発想(イノベーション)で良い物が出来た証明を見える化、システム化し新たなモノづくりの標準(マーケティング)を築きたいと考えています。
また会社内でも技術とシステマチックな感性を持った人材を育てていきたいと考えております。






生産管理
  1. 世界どこでも稼働状況が一括管理できる
    どこの機械が今現在どういう状態なのか把握することが出来る

  2. 良品数、不良品数が管理できる
    どの製品がどれだけ出来たのか、生産予定に対しどのくらいの進捗状況なのか把握することができる

  3. 機械保全計画が立てられる
    スクリュー摩耗具合がデータより把握でき効率よく保全ができる






品質管理
形状検査
生産データにより欠肉・ヒケ等の形状確認を数値により行い、良品・不良品を判別する【図①】



外観検査
特殊検査装置(自社開発)を用い、異物・気泡検査を行う







工場管理








トレサビリティシステム
自社開発中